薬剤師転職

薬剤師の転職求人情報はどこで得る?

薬剤師として勤務の経験もあり今後のステップアップの為にも今よりも良い職場を探したい。

家族の転勤で新しい土地で仕事を探さなければならない。

しばらく休んでいたけどもう一度薬剤師の仕事がしたい。

そう考えているあなたに最近の薬剤師求人募集の現状をお話します。

現在においても薬剤師不足は続いています。厚生労働省の発表においても薬剤師の求人倍率は10倍、すべての職種の求人倍率が1倍とちょっとなのを考えるとまだまだ薬剤師の求人は減っていません。地域別においても都市部だけでなく地方においても薬剤師不足は続いています。

国も薬剤師不足を補うべく薬剤師の育成に取り組んでいますが薬剤師のニーズに供給が間に合っていない現状がまだまだ続いています。

薬剤師の方には大きく分けて3つの働き方があります。

・調剤薬局

・ドラックストア

・病院

それぞれがそれぞれの理由で薬剤師不足が続いています。今まで自分が経験した職場と職種であれば転職先や求人先への良いアピールになるので特にこだわりが無ければ同じタイプの就職先が良いと思われます。

労働条件の違いとしてはドラックストアのみ休日が土日や祝日ではなくシフト制になる事が多いというところでしょうか、調剤薬局も病院も休日は病院の診察日によって変わるので就職先の営業時間次第となります。

次に給料の面では転職先によって大きな差があります。

勤務形態や雇用形態によって賃金差は発生しますが、パートの場合でも時給差が500円以上あるなんてことも多いです。人手不足が深刻な業界だけあって賃金については高値がついています。しかし、給料面だけでなく待遇面も考慮しなければ本当に良い求人は見極められません。

薬剤師の方が転職を考えたり求人に応募しようとする時は普通の求人案内やハローワークで求人募集に応募するのは非常にもったいないです。なぜなら薬剤師という資格があるなら専門の転職紹介会社や薬剤師専門の求人を扱う会社があるのでそういった会社にエントリーすることで多くのメリットがあるんです。

メリット1就職先のリアルな情報が得られる

転職を紹介してくれるエージェントや営業の方が就職先の情報を提供してくれます。通常の求人広告だけではわからない雰囲気や職場で働いている方の男女比や年齢層まで本来であれば一度面接に行かないとわからないことがわかります。

メリット2条件面の交渉が可能

求人に応募して行ったけど条件面が厳しかったやもう少し条件が良いところは無いのかなど、転職の際に自分の経験や知識が評価されるのは嬉しいですよね。そういった条件交渉も専任の方が行ってくれます。求人に応募して条件面の交渉を自分1人で行うのはちょっと難しいですよね。そんな時に営業の方が変わりに交渉してくれたり他にもっと良い条件の転職先を案内してくれます。

メリット3情報量の多さ

やはり薬剤師専門の求人サイトや斡旋会社は持っている求人情報が大量になります。一般的な募集はしていなくても専門の会社には求人を出している所は沢山あるのでそういった一般には公開されていない求人情報を持っています。

このように薬剤師の方の転職や求人は専門サイトに登録して探すのが一番効率が良く良い条件が出ます。普通に募集されている条件よりも良い条件が提示されていることや、通常では求人がされていないところの求人があったりなどメリットしかありません。沢山の情報の中から自分に合った就職先、転職先を見つけましょう。

おすすめの記事